青汁に含まれる難消化性デキストリン

難消化性デキストリンという言葉をご存知でしょうか?
あまり聞きなれない言葉ですが、多くの体に良い効果が認められているため注目されている成分です。
その健康効果の高さからトクホ(特定保健用食品)にも指定されている食品の約3割の食品にも含まれています。

難消化性デキストリンとは水溶性食物繊維の一種です。
その言葉通り胃で消化されにくく腸にそのままの状態で届きます。
そして粘着性のある性質があり、糖質の多い食事と一緒に難消化性デキストリンを摂取すると、糖の吸収を緩やかにする効果があります。
そのため血糖値の急激な上昇を防ぐことが出来ます。
また脂質を難消化性デキストリンが吸着し、便と一緒に排出する効果もあります。
そのため脂肪分が多い食事をする際に脂質を摂り過ぎなくする効果もあるのです。
更に難消化性デキストリンが腸内に届くとビフィズス菌などの善玉菌の増加に効果があることが分かっています。
その結果として便秘や下痢気味だった方の腸内環境が改善され、お腹の調子が良くなる結果に繋がります。
この様に難消化性デキストリンだけでも体に良い様々な効果があるのですが、難消化性デキストリンが含まれている青汁を飲むことで相乗効果が期待出来ます。
青汁の健康効果がある様々な成分が難消化性デキストリンの整腸効果で効率よく体に吸収されるからです。
また、余計な資質は吸着して排出してくれるのでより健康的な食生活が実現出来ます。

この難消化性デキストリンが含まれている青汁は、パッケージの裏の成分表示に難消化性デキストリンの表示がされています。
その青汁を飲むことで、同時に難消化性デキストリンも摂取っ出来るのです。
ただし血糖値の急な上昇を抑え、余分な脂質の吸収を防ぐには、難消化性デキストリンが含まれる青汁を食事と同時に摂る必要があります。
糖や脂質を体が吸収する前に難消化性デキストリンの効果を発揮させるためです。
その点に注意して効果的な難消化性デキストリンの摂取を心掛けましょう。