青汁でがん予防・生活習慣病予防

日本人の死亡原因の割合の内、多くを占めるがんと生活習慣病を元に発症してしまうこともある心筋梗塞や脳卒中。
とても恐ろしい病気ですが、青汁を飲むことによってこれらの病気を予防する効果が期待出来ます。

がんや生活習慣病の多くは普段の不摂生な習慣から体調を崩すことによって発症します。
糖尿病や高血圧など普段の食生活の乱れが招くものが多いのです。
がんや生活習慣病の恐ろしい所は、本人の自覚がない状態で症状が進行してゆくところです。
そのため気が付いた時には手遅れになっていることもあるのです。
生活習慣病が別名「サイレントキラー」呼ばれる所以です。
がんや生活習慣病を防ぐには定期的ながん検診や健康診断を受け、早期発見を心掛けることです。
そして普段から生活習慣を良いものへと意識的に変えてゆくことが大切です。

そのために出来ることのひとつが食生活の改善です。
野菜不足や脂質の摂りすぎ等の体に負担のかかる食生活を見直すことです。
そのために青汁は大きな力になってくれます。
青汁に含まれるβカロテンやクロロフィルには強い抗酸化作用があり、喫煙や不規則な生活で過剰に発生した活性酸素を抑制してがんの原因になるDNAの損傷を防ぐ働きがあります。
また、ビタミンCも青汁には含まれています。
ビタミンCは免疫力を高める作用があるためがん細胞に対抗する力も上げる効果があります。
そして青汁に豊富に含まれる食物繊維は脂質を吸着し排出する作用や腸内環境を整える作用があり、乱れた食生活からくる体調の悪化を改善する効果があります。
そして青汁を飲み続けることを習慣づければ、病気になりにくい体質の維持を普段からしていることになるのです。

この様に青汁を普段の食生活に取り入れることでがん予防や生活習慣病の予防をすることが期待出来ますが、同時に適度な運動や十分な睡眠時間をとる等多方面からのアプローチをすればより一層の効果が期待出来ます。